「新手一生」升田幸三 ~将棋界初の三冠王~

「新手一生」を標榜し、革新的戦法の地平を切り拓いた升田幸三。そんな彼は「高野山の決戦」で宿命の弟弟子・大山康晴に敗れ、屈辱の日々を送る。しかし見事に復活し、将棋界初となる三冠王に輝いた。そして、「たどり来て未だ山麓」の名言を残しもした。

「闘犬」エドガー・ダービッツ

1990年代後半、世界最強と称されたサッカー・オランダ代表。柔らかいボールタッチと流れるようなパスワークが持ち味のオランダにあって、90分間走り続けたのが“闘犬”エドガー・ダービッツである。ほとばしる闘志でチームに献身した姿が懐かしい。

全盛時代の羽生善治 その強さの源泉を考察する

藤井八冠が誕生し、ひときわ盛り上がりを見せる将棋界。その偉業に際し、思い出すのは羽生善治の七冠制覇であり、全盛時代の彼もまた驚異的な強さを誇示していた。“羽生マジック“をはじめとする、往時の羽生永世七冠の強さの源泉を考察する。

「元奨励会員アユム」~祖父が繋いだ将棋との縁~

タイトル戦をはじめとする棋戦解説を動画にアップする将棋ユーチューバー。中でも、個人的に最も好きなのは元奨励会員のアユムさんである。級位者にも分かりやすい丁寧な解説に定評のあるアユムさんだが、祖父が繋いだ将棋との縁など感動秘話が存在した。

「サンシーロの羽」マルコ・ファン・バステン ~神は8日目にマルコを創造した~

クライフやベルカンプなど多彩なタレントを輩出するサッカー大国オランダで、最も優れたストライカーをあげるならマルコ・ファン・バステン一択となるだろう。旧約聖書の天地創造になぞらえた「サンシーロの羽」の英雄譚は、未来永劫語り継がれていく。

ジョン・マッケンローとライバル達② vs ビヨン・ボルグ ~ウィンブルドン 激闘の記憶~

ときは1980年7月5日、テニスの聖地ウィンブルドンで頂上決戦の火蓋が落とされた。相対するは大会5連覇がかかる“氷の男”ビヨン・ボルグと“若き天才”ジョン・マッケンローである。心技体の限界を超えた死闘は今もなお、名勝負として記憶されている。