スケート一覧




フィギュアスケートGPシリーズ2022「カナダ大会」世界の檜舞台に戻ってきた紀平梨花

フィギュアスケートGPシリーズ第2戦「カナダ大会」。それは、紀平梨花が3年ぶりにGPシリーズに戻って来た大会であった。怪我により北京五輪を断念した彼女の演技は、まだ本来のものとは程遠い。だが、その表情には試合に出られる喜びが満ち溢れていた。

「ミス・パーフェクト」宮原知子の現役引退

浅田真央の後を継ぎ、日本女子フィギュアスケート界を牽引した宮原知子が現役引退を発表した。世界選手権やグランプリファイナルでも幾度なく表彰台に立ち、平昌五輪でも4位入賞を果たす。そのフィギュアスケート人生は、不断の努力なくして語れない。

銀盤の女王③ イリーナ・スルツカヤ ~偉大なるロシアの未完成交響曲~

2006年トリノ冬季五輪のフィギュアスケート女子シングルで、荒川静香が金メダルに輝いた。その偉業の陰で、無念の思いを噛みしめる銀盤の女王がいた。競技終了後、そんなイリーナ・スルツカヤが残したコメントに、感無量の思いが込み上げる。

  忘れ得ぬオリンピック名勝負の記憶③
    「英雄」ヨハン・オラフ・コス

1994年リレハンメル冬季五輪。スピードスケートの3種目に出場し、その全てで世界新記録を樹立したヨハン・オラフ・コス。彼の偉大さはこれにとどまらない。その活動はアスリートの枠を越え、戦禍と貧困に喘ぐ子どもたちへの人道的支援へと広がっていく。